【加佐ノ岬倶楽部】地域創生を目指しカフェレストラン・食の開発・移動スーパー・交流館・音楽療法を行い、未来の社会事業を構築する

各研修

各研修日程をご覧になりたい方は下記の『各研修』をクリックして下さい。

  • ・・・ミュージック・ケアの実践ができる人を育てる。
  • ・・・ミュージック・ケアの技術及び精神などをより深める。
  • ・・・条件を満たして、初級認定後5年以上の実践経験。
  • ・・・初級・中級研修を受け直したい方。

指導者研修会へのお誘い

最近医療、教育、福祉の現場で音楽療法が注目され、日本の音楽療法の世界も変わろうとしています。
私達は、音楽療法を音楽の専門家だけのものにするのではなく、現場の職員が技術を獲得してこそ、障害を持っている多くのお年寄りや子供達が、キラキラと輝く笑顔で生きる為の心のケアができると考えています。
故加賀谷哲郎先生が40年にわたる実績の中から作り上げたメソッドを基礎として 「その人がその人らしく生きる為の援助」を音楽を通して行う方法を、 「ミュージック・ケア」として確立しました。
当加佐ノ岬倶楽部音楽療法研究所(旧宮本啓子音楽療法研究所)では、短期間でミュージック・ケアの理論と技術が身につき、実際に現場で活用できるようにするための、「だれでも、どこでも、いつでも楽しめる音楽療法」初級、中級、上級のミュージック・ケア技術研修会を企画致しました。
是非ご参加ください 。

指導者及び認定資格体制図

■日本ミュージック・ケア協会研修及び認定資格体制図

  • 初級研修 <ミュージック・ケアの実践ができる人を育てる>

    ※ミュージック・ケアに興味のある人(非会員可)

    1. 研修終了・・・(日本ミュージック・ケア協会会員のみ)
    2. 初級認定・・・(勤務先・ボランティアとして活動ができます)
    3. 研修終了・・・(実践経験1年以上)
  • 中級研修 <ミュージック・ケアの技術及び精神などをより深める
    1. 中級研修終了・・・実践報告集にて発表した方
    2. 中級認定・・・より熟達した実践ができるようになる
      中級認定を受け、実践経験3年以上の方が ミュージック・ケアワーカー認定試験受験資格が得られる。
    3. 適正により・・・下記に分類
    4. ■ミュージック・ケアワーカー

      • 場所:ボランティア・婦人会・健康老人サークル・福祉施設・医療施設・教育現場
      • 条件:介護・医療・教育関係の有資格者・介護等の実務経験3年以上の者

      ■ミュージック・ケアワーカー(2級)

      • 場所:ボランティア・婦人会・健康老人サークル
      • 条件:福祉施設等での実践は、所定(資格に相当する)研修が必要

      ※ミュージック・ケアワーカー(2級)及びミュージック・ケアワーカーのどちらも講師料が発生する依頼を受けて活動出来る人(実践のみ)となる。

    5. 上記の条件を満たして(初級認定後5年以上の実践経験)
  • 上級研修 <ミュージック・ケアをあらゆる面で伝える事が出来る>
  • 認定指導者管理の元、初級研修会にて指導アシスタントが出来る現在の認定指導者の2名以上の推薦をもって認定指導者の登録ができる。

  • 日本ミュージック・ケア協会認定指導者